こんにちは。朱門です。
今回はHaidaフィルターのM10システムが届いたので、その使用感とフィルターを使った作例をいくつか紹介したいと思います。

Haida Filter M10 drop-inシステム

Haidaフィルターと聞いて、はじめて聞いたという人も多いように思います。国内ではまだあまり聞かないフィルターブランドですよね。欧米では既にメジャーなフィルターメーカーだったので個人的には以前から知っていて、フィルターホルダーを個人輸入して使用したりもしていました。(国内で入手した某フィルターメーカーのフィルターホルダーがイマイチだったので笑)HaidaのNDフィルターやフィルターホルダー製品の詳しくはこちら(http://www.haidaphoto.com/en/)にあるのですが、残念ながら今は英語と中国語しかないみたいです。(きっとそのうち日本語化される? )フィルターシステムとしては、100mmと150mm幅のフィルターがありますが、今回は100mmフィルターのセットを試しました。

drop-inフィルターが便利

M10システムの一番の特徴はなんと言ってもdrop-inフィルターです。角型フィルターを最大で3枚装着した状態で追加でCPLやCPL+ND, ND, Clear-Night(光害カット)等のフィルターを簡単に脱着することができます。そんなのCPLフィルターと角型フィルターだけでもできそうな気もしますが、丸型のCPLフィルターやフィルターホルダーに内蔵されているタイプのCPLだと脱着が容易ではないのと、せっかくうまく調整したハーフNDフィルターの位置がずれてしまうのも煩わしいですよね。それがこのdrop-inフィルターであれば簡単にCPLをつけたり外したり、もう少しシャッタースピードを稼ぎたいときにNDフィルターを追加するなんてことも容易にできてしまうのです。

Haida Red-Diamond フィルター

Haida フィルターの新製品で気になっていたのが、Red-Diamondフィルターです。強化ガラスを使用することで 耐衝撃性を向上させているフィルターで、岩の上などに落下させても割れにくいだけでなく傷もつきにくいみたいです。耐衝撃性を試してみたいのはやまやまですが、勿体無いのでそれはまた今度にします。(笑) その他、

フィルター性能チェック

今回のレビューで使用したのは次のフィルターホルダーとフィルターの組み合わせです。

  • Haida M10 Holder Kit with drop-in CPL+ND1.8 / CPL
  • Haida Red-Diamond Reverse GND 0.9
  • Haida Red-Diamond ND 0.6

色被り

フィルターなしとフィルターあり(Red-Diamond ND0.6)でWBを5500Kに固定した状態で、シャッタースピードを変えて露出をあわせて色被りを比較してみました。
見て分かるように、ほとんど色の変化がないので安心して使えます。

マニュアル露出 (f/5.6, 1/15秒(左) 1/4秒(右), ISO100, WB 5500K)

使用感

フィルターホルダーの脱着は赤いレバーで簡単に行うことができます。drop-inフィルターは上部の2つのボタンを押せばスムーズに取り外すことが可能です。CPLフィルターの回転も上部ホイールで行うことができます。

作例

Haidaフィルターを使用して撮影した作例です。フィルター未使用時の写真も比較のために掲載します。

[Filters]
Haida M10 Holder Kit with drop-in CPL+ND1.8 82mm
Haida Red-Diamond Reverse GND 0.9

 

[Filters]
Haida M10 Holder Kit with drop-in CPL+ND1.8 82mm
Haida Red-Diamond Reverse GND 0.9
Haida Red-Diamond ND 0.6

[Filters]
Haida M10 Holder Kit with drop-in CPL+ND1.8 82mm
Haida Red-Diamond Reverse GND 0.9
Haida Red-Diamond ND 0.6

まとめ

国内ではまだ馴染みのないHaidaフィルターですが、フィルター自体の性能も高く、特に今回発売されたM10 drop-inフィルターは本当に便利に感じました。
また、ガラス製のフィルターは割れやすいのが欠点の一つでしたが、Red-Diamondフィルターは割れにくい強化ガラスなので安心して使えるのも嬉しいですね。
今後、国内での販売も本格化するようなので家電量販店などでも購入できるようになれば、一気に人気が出そうな予感がしてます。 それでは。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
error: Content is protected !!